ギーはヘルシーな痩せるオイル!味や賞味期限、手作り後の保存は? - おちょぼの毛玉 

オイル

ギーはヘルシーな痩せるオイル!味や賞味期限、手作り後の保存は?

2017/02/05

透明な器にギーオイルが入っている画像

ケーキやクッキーやパンなど、洋菓子や洋食のおいしいものには大体『バター』がたっぷり。

 

朝食のパンに塗っても料理に使っても文句なしの憎いやつ!

 

ですがダイエット中のときはどうしても…

 

・カロリーが気になる

・脂肪分が多そうだから太るんじゃないかと怖い

・バター=太るイメージ

 

など思ってしまい避けがちに…

 

 

『食べたい…』『料理に使いたい…』

 

 

と思ってもグッと我慢していませんか?

 

 

そこで今回、バター大好きな方へ!

 

味はバターなのにヘルシーなオイル『ギー』をご紹介したいと思います。

 

あまり知られてはいませんが、手作りだって出来ちゃいます!

 

健康効果も満載で、とっても便利なオイルなんです♪

スポンサーリンク

『ギー』ってなぁに?

『ギー』はインドや南アジアの地域で古くから作られ、使われてきたインド生まれのオイルです。

 

インドでは日常で使う食用油は、ほとんどがギーというほど普通に使われています。

 

カレーやライスにも入っているそうですよ♪
おいしそう…。

 

インドの伝統医学(アーユルヴェーダ)では
薬として扱われてきた歴史も存在する万能オイルなのです。

 

 

何から出来てるの?

まな板の上に小麦粉と発酵バターがある画像

ギーの原料は主に『発酵無塩バター』です。

 

発酵バターを煮詰めて
水分やたんぱく質を取り除いたもの

 

それが『ギー』です。

 

『あれ?これなら日本のスーパーにもあるんじゃない?』

 

と思った方!その通りです!
後で簡単に作れるギーのレシピをご紹介しちゃいます♪

 

 

ギーは腐らない!?

ギーは加熱することによって、水分やたんぱく質などが分離し取り除かれるので、バターそのものと比べても腐りにくいんです。

 

おまけに『酸化しにくいオイル』なので、体にも安心で長期間の保存が出来ます。

 

常温での保存が出来るため、冷蔵庫もかさばらなくて嬉しいですね。

 

 

賞味期限はどれくらい?

腐らないといっても、賞味期限が気になるところ…。

 

インドでは『100年もつオイル』といわれているくらい長期保存のできる油です。

 

不純物を取り除いているため、常温で長く保存できるんです。

 

・密封すること

・冷暗所に保存(常温保存)

 

冷蔵庫に入れたり冷めると白っぽく固まることがありますが、成分の変化などはないので安心してください。

 

長期保存が可能ですが
心配な方は1年から2年の間に消費できると安心だと思います。

 

※手作りギーの場合は3ヶ月を目安に使い切ってください。

 

 

ギーの気になるお味は?

布の上に四角いパンが置いてあり、遠目にバターが置いてある画像

ギーはもともとバターなので、コクがあってほんのり甘いです。

 

香りはバターの香りで癖も無いので…

 

・パンに塗る

・カレーにいれてみる

・パスタのオイルに使う

・ホットミルクにいれてみる

 

などなど使い方は無限大!

 

バターの代わりに料理やお菓子作りに使っても、風味はバターなのでおいしく仕上がります。

 

 

カロリーはどれくらい?

ギーは油質で1g9kcalと高カロリーです。

 

そのため1日の摂取は30ccを目安にしてください。

 

ダイエット中でも油分は肌に潤いを与えてくれたり、美容に欠かせない成分なので毎日の食事の中で少しでも摂るようにしましょう。

 

 

それにギーはダイエット中の方や美容に気を使っている方にこそ、オススメしたいオイルなんです!!

 

※もちろんどんなにいいものでも食べすぎはNGです♪

 

 

 

ギーは脂肪を燃やす油!

白髪の女性とポニーテールの女の子が向き合って腕立て伏せをしている画像

ギーには沢山のダイエット効果があります。

 

油は太ってしまうイメージですが、摂る量をきちっと守っていれば、ダイエットの味方になって効果を何倍にもしてくれます。

 

 

共役リノール酸

乳製品や牛肉などの肉類・ゴーヤなどに多く含まれている成分で…

 

・脂肪分解・燃焼効果

・筋肉を増やしてくれる

・脂肪の溜め込みを抑制

 

などの効果が期待できます。

 

脂肪を燃やしてくれるだけでなく
筋肉もつきやすくしてくれるので、トレーニングをしている方にもオススメです。

 

 

中鎖脂肪酸

特性としては…

 

・エネルギーに代わりやすい

・脂肪の分解・燃焼

 

などがあります。

 

摂ってすぐエネルギーとして使われるため、脂肪として蓄積されず、運動をしている方のサポート役にもなります。

 

脂肪が溜まりにくいなら、ダイエット中の方も安心して食べられますね。

 

 

コレステロールを下げる油

ギーは動物性脂肪なのですが
コレステロールを上げずに…なんと!

 

逆にコレステロールを下げてくれる効果があります。

 

必須脂肪酸なども多く体に嬉しいオイルです。

 

因みに善玉コレステロールを増やしてくれる効果もあり優秀です。

 

 

 

手作り『ギー』は優しい心で!

ギーは意外と簡単に手作り出来ちゃうんです。

 

インドでは作った人の『気』が入ると言われています。

 

なので食べた人が幸せになれるように、優しい気持ちでギーをつくると、きっとキレイでおいしいギーが出来ますよ♪

 

種がギーオイルについて好きな人を想って作ろうといっている画像

 

 

 

簡単手作り『ギー』レシピ

さっそくお家でギーを作っちゃいましょう♪

 

用意するもの

 

・お鍋(アルミやガラス以外のもの)
・ヘラ
・ボール
・ざる
・キッチンペーパー
・保存容器(密封できるビンなど)

 

※キッチンペーパーなどが無い場合はコーヒーフィルターなどを使っても出来ますよ。

 

材料

無塩バター 200g~

 

手順

①バターをまるまるお鍋にいれ弱火でゆっくり溶かしていきます。

 

②かき混ぜずそのまま放置して様子を見ます。
この時しゅわっとした音をたてながら泡がでてきます。

 

③パチッとはじけるような音にかわり泡が次第に大きく出始めます。

 

④上のほうに不純物のようなものが出てきたら取り除きます。
※ここではとにかく焦げ付かないように注意し火加減を調節してください。

 

⑤次第に泡が小さくなって音も弱くなるとバターが透き通り黄色みがかった透明なオイルになります。
※パチパチ音がなくなったら火を止める合図!焦げないように火からすばやくおろしましょう。

 

⑥キッチンペーパーをしいたざるでボールに濾します。
(コーヒーフィルターでも可)

 

⑦濾したギーを熱殺菌したビンに入れて完成です!

 

 

完成後の保存

手作りしたギーは常温で保存が出来ます。
期間は3ヶ月から半年程度で食べきることをオススメします。

 

お家で簡単に出来ちゃうので
時間のある休日などにつくって保存しておくといいですよ♪

 

 

毎日の生活に『ギー』を

オイルは私たちの生活には欠かせない存在だと思います。

 

太るイメージが大きいかもしれませんが、
体に少量でも油がないと肌はかさかさ・髪もパサパサしてしまい美しくなれません。

 

毎日摂る油なら健康に美容にいいものを使っていきたいですよね。

 

バター風味でおいしいし、おまけに脂肪を燃やしてくれるギー。
沢山のメリットがいっぱいなので是非お試しあれ。

-オイル